「国家資格」の違い・・・その1

 患者様の体に直接触れて、治療(施術)をしても良いのは、医師、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、作業療法士等です。いずれも、国家資格を持っています。

 この中で、資格を取るのが難しく、時間がかかるのは、医師です。資格を取るのにお金がかかるのは医師と思われがちですが、実は、国立・公立大学の医学部にいけば、私の時代で、入学金は約25万、授業料は約40万×6年間だったので、300万円あれば、教科書代含めて、医師国家資格受験資格が取得できたと思います。今は、私の母校である徳島大学で、約400万円です。実家から通学するのであれば、例えば、家庭教師のバイトを週に2~3回していれば、自分で授業料払えます。

 仮に私立にいけば、その10倍はザラです。事実、兵庫医大を卒業するまでに必要な額は、3,700万円です。3,700万円あれば、私が好きな温泉旅行を何回楽しめるでしょうか。

 上記の医師以外の職種は、専門学校なら最短3年で国家資格受験資格を取得できます。最短3年であっても、実は国立・公立医学部6年間の学費よりも高いです!

 脱線しましたが、整形外科クリニック(診療所)・病院には、医師、理学療法士、作業療法士が主に勤務しています。接骨院・整骨院には柔道整復師が、鍼灸院には鍼灸師が、マッサージ院にはマッサージ師が主に勤務しています。

 続く・・・


 ~写真は、岩国市の錦帯橋。昨年、ハーフマラソン走りました!~

2018年04月26日