東日本大震災から7年・・・

 本日で、東日本大震災が起きて7年になります。当時、私は、徳島大学の関連病院である黒部市民病院で勤務中でした。結構建物が揺れましたが、まさか、あのような大津波を伴う大災害になるとは思ってもおりませんでした。未だに、行方不明の方が多数おられ、ご家族の気持ちを考えると、心が痛みます。

 日本にいる限り、地震がいつ何時起こるかわかりません。次に、大地震が起こるとすれば、周期的に繰り返されている南海・東南海地震だと言われています。

 私の母方の実家は、高知県の東の方にある田野町というところですが、私が物心つくころからすでに過疎地域でありました。今もたまに祖母や叔父達に会いに行きますが、行く度に、町全体が寂びれていっています。でも、自然豊かなんですよね!野菜も魚もとてもおいしい!!気候も良くて、のんびりできます!

 そんな田野町も、おそらく南海地震がひとたび起これば、津波に飲まれます。沿岸地区なので、あっという間だと思います。7年前の東日本大震災の凄まじい津波の威力を見ると、どんなに強固な防波堤を造ったとしても、残念ながら、やはり自然には勝てない気がします・・・

 先日、母と姉が祖母に会いに田野町に行ってきました。写真は、昔からある高知県の「野根まんぢう」です。お土産です。あっという間に、完食しました!!また近いうちに、祖母に会いに行きたいと思います!!

2018年03月11日