その他の科

  • 骨粗鬆症外来

     骨折したことがある方はいらっしゃいますか?子供でも大人でも、皆、骨折する可能性はありますが、特に折れやすい方は、骨粗鬆症かもしれません。女性の場合は、特に40代後半から女性ホルモンの低下により、骨が弱くなります。骨が弱くなった状態を骨粗鬆症と言います。

     骨粗鬆症がひどくなれば、くしゃみをしただけで、あばら骨や腰骨が骨折することがあります。骨粗鬆症は、早期発見、早期治療をすれば、十分防ぐことができるものなのです。

     すがぬま整形外科クリニックでの骨密度検査機器


     腰椎圧迫骨折(腰の骨)、大腿骨頚部骨折(ももの骨)、橈骨遠位端骨折(腕の骨)はご高齢者の三大骨折と言われます。特に、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折は重症であり、長期入院が必要になります。

     当院では、踵で測定する簡易型のものではなく、GE社のDEXAという最新の機械で、腰椎・大腿骨の骨密度を正確に測定します。また、採血による骨形成マーカー、骨吸収マーカー、カルシウム値なども測定し、総合的に診断の上、治療方針を決定いたします。

  • 装具外来

     膝が痛い、腰が痛いといった場合、しばしばコルセット等の装具を処方します。うまく装具を装着することで、症状の緩和や悪化の予防がはかれます。随時装具の相談を承っております。オーダーメードの装具をご希望の場合、毎週木曜日8時30分~9時半までで、澤村義肢製作所より担当者が参りますのでお申し付けください。オーダーメードの場合でも、保健適応可能です(立替払い必要)。


  • スポーツ外来

     私自信、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、水泳、ボート、柔道、空手、マラソン、スポーツジム通い等々、過去結構スポーツに慣れ親しんでおり、今でも、休みの日には、体を動かすようにしています。運動することで、体の隅々に血液がいきわたり、新陳代謝が活発になり、強靭な筋骨格形成のみならず、集中力upにもつながります。幸い、大きなケガ無く、今に至りますが、周りを見ますと、結構な割合で、ケガや骨折をした知人がおります。

     どのような競技であっても、そして、プロでも一般の方でも、さらには、どんなに慎重に練習・試合を行っていても、一度や二度はスポーツ障害を経験すると思います。多くの方が、しばらくの間、様子を見て、それでも症状が続く場合は、整形外科や接骨院に行くでしょう。当院では、骨・関節・筋・腱などの外傷や障害に対して、的確な診断とともに、保存的治療の1つとして、運動器リハビリテーションに力を入れています。 早期に社会復帰・競技復帰を目指すために、スポーツ経験豊かなリハビリスタッフとともに、訓練をしていきましょう。

    2009年オックスフォード盾レガッタにて



    すがぬま整形外科クリニック

    〒662-0854 兵庫県西宮市櫨塚町5-12 メルヘンハウス1F